S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

書いている人

adachiayame

Author:adachiayame
安達加工所の中の人
安達黒白の日記。
お知らせと更新履歴中心です。
それ以外の煩悩的なモノは↓

twitter】 へどうぞ。

つぶやき(twitter)

月別

検索フォーム

21、22日のイベントについて速報です。

5月21日(土)のイベント

安達加工所×吉川昌利 (太平洋ベルト)の
■90年代サブカル病に冒された2人が、
■自身らの活動の話しも交え、「広告」についてアレコレ論じます

■ 開演時刻 18:00/21:00 (トーク内容が変ります)

・予約は必要ありません。
・特製メニューを用意する・・・かもです
・けまりくん (太平洋ベルト)が執事として皆様をもてなします

=======================================

5月22日(日)のイベント

アコォディオントリオ「サロン・ドゥ・ピプレット」の
小さな演奏会を開催します。

■メンバァ : ゆか(黒色すみれ) / あやめ(安達加工所) / ちるこ(チルチル座)

■ 演奏会開演時刻 13:00/17:00

・予約は必要ありません。投げ銭、カンパ制ライブです。
・特製ごはんとケーキをご用意する予定です。
・セットメニューを頼んだ方にはぴぷれっと特製ステッカーをプレゼント
・着物の方先着10名様にぴぷれっと特製しおりプレゼント
・セットメニューにはぴぷれっとの旗がついてくる!旗を振って応援してね!




どちらも上演時間内は、会場のすみれの天窓へ
入りにくいのでは?と予測されます。
21、22日とも、開演から1時間~1時間半程の上演時間内は
ご来場をお避け下さる方が良いと思います

開演時間の1時間程前にはご来場頂いて、
のんびり展示とお茶を愉しんで、というのが
お席的にも安心かな?と予想しています。
開演、終演は安達加工所twitterでお知らせします。
http://twitter.com/adachikakoujyo

また何か変更が合った場合もtwitterでお知らせします。


この日もすみれの天窓は喫茶営業しております。展示もご覧いただけます。

刮目せよ!(←って書きたいだけ)

展覧会始まりました。

デザインフェスタが終り、安達加工所の廣告展が始まりました。

tenji_01.jpg


tenji_02.jpg

この安達加工所リカちゃんの足下に、芳名帳がございます。

ぜひ、この赫い羽ペンで、貴方から私へのひそやかな電波を綴って下さいませ。
私はそれを読み、私が貴方へささやいた電波が届いていた事を実感して、
感激に身を震わせる事でしょう。


この展覧会にて、デザインフェスタで販売していた
安達加工所の製品を引き続き販売しております。

製品の説明は コチラ

会期中に、追加納品予定です。



………………………


お知らせが遅れましたが、平日ご来場頂いた方へ差し上げる「なにか」です。

0517souvenir_s.jpg


普段と変らぬ日常にこそ、Souvenirを!

廣告展の印刷がされた封筒に、
展示内容の説明が書いてある、小冊子が入っています。
こちらは家に帰ってからでなく、この廣告に囲まれた中でお読みください。
(*この封筒と小冊子は、土日にも進呈します)

そして平日の方へのSouvenir、大きな封筒の中のちひさな封筒に、
切手型のステッカーが入っています。
柄は、この廣告展で展示されている広告です。
ランダムに4種類入っています。

32セット製作いたしましたが、無くなった場合には差し上げられず
大変心苦しいのですが…ご容赦下さる様、よろしくお願いいたします。

(他の来場者の方にもお土産を差し上げたいので、お持ち帰りは一人1セットにして下さいね。)


………………………

【 お願い 】

展覧会会期中、会場である天窓は、通常の喫茶営業をしております。
そちらのお客様も来られておりますので、
展覧会を見に来て下さった方は、
その旨を天窓のかわいらしい店員さんにお伝え下さいね。

素敵な声でSouvenirを渡して下さると思います。



デザインフェスタのご報告はまた改めてさせて頂きます。
( 当日のてんやわんやツイートをまとめております。お暇な方はどうぞ→ 5/15 5/16 5/17 )




「安達加工所廣告展」総合告知はコチラ
「安達加工所廣告展」カテゴリは コチラ

「安達加工所の廣告展」へのコメントをいただきました。第5回

安達加工所に広告をご依頼くださった皆様に頂いていた展覧会へのコメント。
第5回、最終回です。

今回は安達加工所の廣告をかつて、リアルタイムで受け取っていた方からのコメントです。
•新星急報社 いぬ様よりいただきました。

shinsei.jpg



安達加工所さんとわたし

 初めて見た安達さんの作品は、バンドの「廣告」で
大半が見分けのつかないような物の中で、確か朱色と鮮やかな緑色でした。
他のものとは余りに違いこれはなんだと首を傾げた記憶があります。
その数ヶ月後にまんまとそのバンドのCDを買ったので、
宣伝効果は流石という他ありません。そしてその後、十代の半ばから十年を
私は安達加工所製のデザインと共に過ごしました。様々な隙間をス
テッカーで覆い、廣告を壁に留めて。
 十年、どこも悪くはないのだけど、少しだけ呼吸をしにくいような子たちが、
みんな笑って、ライブハウスの舞台に手を差し伸べるのを見てきました。その廣告は、
私達が終演を迎えて尚、あの空間を思い出せるよすがであり、またそれ自体で
私達の趣味嗜好の道しるべとなっていたのです。そして 未だに安達加工所製の廣告は
私の根幹の一部です。いつか私も廣告を製作していただくのを次の十年の目標にしようと思います。



新星急報社 いぬ




いぬさんが広告を見られた頃は多分、
自分と対、依頼主の事だけを考えて、製作をしている頃でした。

補足:展覧会の口上をお読み頂けると嬉しいです)

以下、永野のりこの漫画から引用します。

………………

「さびしい少女は発信する」
「時空を超えて はてしない 虚空に向かって」
「私は」「私はここにいるのよ」「だれか」「わたしをみつけて」「私に気付いて」
「少女の声はか細い無線電波になって
「かすかなけはいのように無限の時空に拡散し」「そして」
「すべての時間のすべての空間に存在する さびしい魂をふるえさせるんだ」

………………

私のとても好きな台詞です。

私も、どこかの空間にいる誰かに、いや貴方に届いて欲しいと作り続けています。
ただ、いぬさんが見られた広告の頃は、
自分の未熟さゆえ、どの方向へ発信してるかもわからない電波だったと思います。
それを拾ってくれたいぬさんの事を考えると、感慨深い気持ちになります
そして受信してくれた方から発せられるなにかが、
私に新しいアンテナを増やしてくれました。

そして時間がたち、また貴方も発信する側を選んだのですね。

ぜひ機会がありましたら広告のご依頼お待ちしております。
そしてもういいかげん他人行儀に「安達さん」って呼ばずに
「あやめさん」って呼んでくださいよ!



コメント 第1回 グルグル映畫館 天野鳶丸氏
コメント 第2回 ペイ*デ*フェ デザイナー りむ様
コメント 第3回 太平洋ベルト 吉川昌利氏
コメント 第4回 黒色すみれ ゆか様

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「安達加工所廣告展」カテゴリは コチラ
全ての告知総合は コチラ

「安達加工所の廣告展」へのコメントをいただきました。第4回

黒色すみれ ゆか様より
「安達加工所の廣告展」へのコメントをいただきました。

yuka.jpg


薔薇が炎を吹いたとき、
わたしは彼女に恋をしました。

毎度、愉快な裏切りにわたしは胸を踊らせる。

廣告展。
それは華麗なる軌跡のほんの通過点。


***********************


「黒色すみれ」という音楽ユニットを通して、安達加工所さんには今までCDのジャケット、写真を使ったコラージュ等様々な作品を作って頂きました。
安達さんの作品は、グルグル映畫館さんや太平洋ベルトさんの作品を通して既に拝見して気に入っていたのですが、実際自分たちの作品を一緒に作って頂くことはあまり考えて居ませんでした。


そんなある日。


何かのイベントで安達さんを紹介して頂き、その後何回かメールでやりとり。
そして安達さんがついにすみれの天窓に遊びに来てくれるという日だったかしら。
わたしに、素敵なコラージュの作品をプレゼントしてくれて。


それは「着物のわたしが(3rdアルバム天氣輪組曲のときのブックレットの写真)虎を従えている」というものでした。
第一印象は「何故虎っ!?」と突っ込みたくなるのでしたが、アンティークの着物と、わたしの頭飾りの派手さと、虎の猛々しい様が極彩色の世界に彩られていて、
それは浮世絵のように美しかったのです。


ちなみに安達さん曰く「ゆかさんは虎ってかんじだから」だそうです。
あはは。
その天性の勘の良さに惚れた始まりだったと思います。


冒頭に書いた「薔薇が炎を吹いた」も同じで、これは4thアルバム「Gothlolic」のブックレットの写真ページのこと。
虎の一件でお任せしようと思った仕事です。
何回か手直ししてもらう中で「もっと安達加工所らしさを!遠慮しないで!」と伝えたところ飛び出したのがそれ。
中央にドカン!と据えられた薔薇の花の中からは炎の柱が・・・!
わくわくし過ぎて大笑いしたのを覚えています。
「あっぱれじゃ!」と言い放ちたくなります。


思いつかない物同士をいとも簡単にくっつけてしまうその感性にいつも脱帽です。




細かい所をあげたら安達さんとの思い出は沢山あるのですが、特に強烈だったのはこの2つです。
「って感じ」の感性はとても女性らしいものだと思うのですが、ご本人は至って竹を割った様な男らしい方。
話しにくいこともズバっ!と言ってくれるし、とっても仕事しやすいです。
プライヴェートの彼女はとても可愛らしい部分もお持ちなのですが、ここでは秘密ということに☆




その語わたしたちは着々と友情を深め、ついにはアコーディオンユニットまで結成することに。
22日に演奏しますのでお楽しみに。


また、二人の友情にタカラトミーのリカちゃんが深く関わっていることもお伝えしておきます。
安達さんはわたしのリカちゃん先生です。




これからもよろしくね、あやめさん。
一生離しませんよ。






ゆか(黒色すみれ)



ゆかさんの事は以前より雑誌など様々な媒体でお見かけしておりました。

かわいらしい洋服に身を包み、
たおやかな音楽と、神に捧げる事が出来るのではと思う程の歌声で
美しく有る存在、それが役割のひと。

そんなイメージでした。
そして実際お会いした所、もちろんキレイな人なのですが
「かわいいだけで収まらない、何だろう・・・この感じ」
とぼんやりと思いました。

先日、サロン・ドゥ・ピプレットの演奏会にいらした七戸画伯が
「あのひとは、少年だから」
と、ぼそっと呟いたのを聞いて、
あ、と腑に落ちました。
ちひさな美しいモノを愛玩する少女のこころと、未知なるモノを探求する少年の好奇心。
それを併せ持ったひと、なのだ、と。

・・・

安達加工所をご贔屓にして下さって本当に嬉しく思います。
アコーディオンなどいろいろ勉強させていただいております。

ゆかさんとは数少ないリカちゃん友達でもあるので
そちらも力を入れていきましょう。リカちゃんの良さを布教したい!

わたくし、毎度〆切り遅かったりいろいろ大雑把な所があって
ご迷惑をおかけしますが、これからもよろしくお願いいたしまする。






コメント 第1回 グルグル映畫館 天野鳶丸氏
コメント 第2回 ペイ*デ*フェ デザイナー りむ様
コメント 第3回 太平洋ベルト 吉川昌利氏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「安達加工所廣告展」カテゴリは コチラ
全ての告知総合は コチラ

【告知その1】安達加工所の廣告展、開催します【展覧会】5/1修正

【 5/1修正しました 】

安達加工所の広告作品、それにまつわる作品を集めた
展覧会を開催します。

展覧会特設ページは コチラ


kohkokuten_s.jpg

[安達加工所の廣告展]

2011年5月16日[月]~22日[日]
月~土 17:00~23:30 / 日曜12:00~20:00
会場:すみれの天窓
*喫茶店ですので、ご来場の際はワンオーダーお願いいたします。


この展覧会の出品広告依頼元・・・黒色すみれ / ペイ*デ*フェ / 太平洋ベルト / グルグル映畫館 / 裏庭企画/etc. (敬称略)

また、展覧会期間中に3つのイベントを開催します。
(口上の下にあります。長くてすみませぬ)




[ 口上 ]

顔と顔を見合わせる事よりも天を仰いでは雲に乗る空想をし、地を見ては
這う虫を凝視し、目を閉じては眼裏に閃く光の残像に陶酔する子供だった。
一人っ子なので邪魔する者もいない。そして絵を描く事が好きだった。そんな
少女は16歳でコラージュという技法に心を奪われた。しかし技法が変わろうと
本質は変らなかった。独白的。暗い押入れの中で自らの眼球を映写機に
し壁に映る空想という映像を一人楽しむ作品達。ふとした切欠で広告制作を
頼まれた。まだ自分の偏向具合に気づく程深思深くは無かった。ただただ
作った。そして自分には向いて無いと思った。広告は人に伝える為の物なのだ。
独白とは真逆!悩んだ。ある時、押入れの空想を見詰める自分以外の視線に
気付いた。広告だ。広告が扉になり自分の空想に共感する他人がいる。驚いた。
独白が独白のまま他人と接続出来る事に!そしてまた気付いた。広告は自分と
依頼主と受けとる側の三つが調和し影響し初めて完成する事に今頃、気づいた。
広告は、依頼者への答えであり、受け取る側への問いかけなのだ。…しかし
それに気付き乍らも未だ独白の快楽と人に伝える事の間を漂っている。毎回、
答えを求めている。今回、私はそんな狭間から現れた広告達を集め展覧会を行う。



【 会期中▲▲▲三角形のスペシャルイベント▲▲▲有ります 】
--------------------------------------------------------------

week.gif


その1】
5月16日[月]~20日[金]の間にご来場の皆様には、
素敵な「 な に か 」を進呈します。

この期間の営業時間:5/16[月]~20[金] 17:00~23:30
この期間中は展示をゆっくりご覧いただけます
--------------------------------------------------------------

その2】
5月21日[土]はトークイベントを開催します。

安達加工所×吉川昌利(太平洋ベルト)の
90年代サブカル病に冒された2人が、
自身らの活動の話しも交え、「広告」についてアレコレ論じます

開演時刻 18:00/21:00 (2回/トーク内容が変ります)

・予約は必要ありません。
・特製メニューを用意する・・・かもです
・けまりくん (太平洋ベルト)が執事として皆様をもてなします

この日もすみれの天窓は喫茶営業しております。展示もご覧いただけます。
5/21[土]の営業時間:17:00~23:30

beluto_5.jpg

太平洋ベルト
「白塗りファンシーロック」を標榜する
ポップでニューウェーブでエレクトロニクスな人達
安達加工所は全てのフライヤー・CD/DVDジャケットのデザインを手がけている



その3】
5月22日[日]はアコォディオントリオ「サロン・ドゥ・ピプレット」の
小さな演奏会を開催します。

メンバァ :
ゆか(黒色すみれ)
あやめ(安達加工所
ちるこ(チルチル座

演奏会開演時刻 13:00/17:00(2回)

・予約は必要ありません。投げ銭、カンパ制ライブです。
・特製ごはんとケーキをご用意する予定です。
・セットメニューを頼んだ方にはぴぷれっと特製ステッカーをプレゼント
・セットメニューにはぴぷれっとの旗がついてくる!旗を振って応援してね!


この日もすみれの天窓は喫茶営業しております。展示もご覧いただけます。
5/22[日]の営業時間:12:00~20:00

pip.jpg

サロン・ドゥ・ピプレットは…

おしゃべりが大好きな三人の乙女達!
お庭のすみにある大きな木のしたで、
ひそひそ、くすくす、
おしゃべりをするように、鳥たちがさえずるように、
アコーディオンを奏でます!







…と、めったにやらない展覧会をやる事になりました。
子ウサギのやうにぷるぷる震えるほどがんばっておりますので、
や、がんばってるからじゃあないけど、ぜひ来て頂けると嬉しいです。

DMの配布先は コチラ

atena_s.jpg
これだと小さくてみえないけど裏も暇つぶしにいいかんじの濃度ですよー

「安達加工所廣告展」カテゴリは コチラ
全ての告知総合は コチラ

| HOME | NEXT