S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

書いている人

adachiayame

Author:adachiayame
安達加工所の中の人
安達黒白の日記。
お知らせと更新履歴中心です。
それ以外の煩悩的なモノは↓

twitter】 へどうぞ。

つぶやき(twitter)

月別

検索フォーム

うちにドイツの貴婦人が来たにっき

うちにドイツの貴婦人が来た…!





10041202.jpg

HOHNER ARIETTA ⅣM 
1953~1957あたりに製造されたらしいです。



前にいただいたアコーディオンが、
何万とかかる調律の状態というー事が判明しまして
どーしよーどーしよー新品でも中古でも買うと高いし(私は他にお金を使う所がある)
じゃあヤフオクか?でも素人が手をだしてだいじょうぶなのかー
中がもっといかん状態かもしれんやん!あーあーあー

と、悩んで、山本楽器さんに相談に行ったら
店の奥から、このドイツのご婦人を出してくれました…!
びっくりして ついった で混乱した状況をライブしました。
(どこまで直せるかの相談に行ったから、予想外の展開だった)


ご相談したまのさま(いろいろありがとうございました!)
には「念ですね!引き寄せましたな!」といわれました!
が、実際にものすごい「アコーディオンよ手元に来たれぇぇ」の念を送ってたと思う。
何週間か、頭痛が起こるくらいそのことばかり考えていたものー…



お買い得なので、ベースの音色スイッチが効かないとか
(なので店頭には出さなかったのだと思う。山本楽器さんは職人だから)
確かにコンディションは完璧じゃあないけど
41鍵120ベースリードセット列MMLで、
なおかつ山本楽器の店主がものすごく調律して下さったんだもん問題ないよ!

っていうかまさしくねこに真珠!豚に小判!
赤子がガンダムに乗るようなものだー

使いこなせる気がしない…!



というわけでうちに西ドイツ生まれの貴婦人が来ました。
最初「ドイツのおっさん!ドイツのおっさんが来る!」と思っていたけど
「ARIETTA」ってドイツ語で「小アリア」(女性名詞)って意味らしいので
貴婦人という事になりました。
(↑適当に調べてるのでほんとかわかりません)

50年以上前生まれかー。戦後すぐ?だよなー
東西ドイツ時代…。
いろんな人の手に渡って、弾かれて来たんだと思うけど
まさかこんな日本のどしろうとに使われるとは思っても見なかった事だろう。ごめんね。
うまくなるようがんばるよ。


まだ作業のまっただなかだけどね…!




○おまけ

風情ある山本楽器さんの店内



愛知やその周辺でアコーディオンをやりたい方はやった方がいいですよー
地方なのにアコーディオン人口高いし、
専門店が2件もあるから実物を見に行けるし相談も出来るし
他にも体験レッスンが出来る教室も何カ所かあるー。
しろうとでもなんとかなる。
なやんでるひとは「やっちゃえ!」と飛んでしまうといいよー

再起動、の前に、業が私の裾を掴むので

そろそろ次の事態も考えなきゃいかんので
机とか、机の上とか、机の上に積み上げたものとか片づけんと、作業も出来んので
定期的に行われる、安達加工所ひみつきちの整頓をしている訳ですが

片付けてるのか、ぐちゃぐちゃにしているのかどっちなんだ―

***市場に台風が来て、しっちゃかめっちゃかにしてった上に、
    ボランティアがわらわらきて、それぞれがそれぞれに
勝手に片づけて行った、という状況を想像して下さい。
    (非道すぎる為、画像は差し控えさせていただきます)***



取りあえず「自分の作ったチラシ・資料として集めたチラシ」とか
「なんか集まっちゃった細かいモノ」あと、服を何とかせねば…なんとか

寄せて詰めて整頓した石様とか貝様とか化石の一部。
0801200201.jpg
書類ケースの引き出しにざっくり入って下にひいてあるのが梱包剤、ってのも
ロマン無し!ですがもうそういう所に気を使う状態じゃないよ―。
もはや「集めたモノを見せて見て楽しむ(生活の余裕)」ってより
「どれだけ集めるか(業)」っていう状態になっちゃってるからなぁ…
あ―ヘラジカの角が欲しいなぁ…(←あれ?ここの文おかしいよ?)

もし私が死んだら、集めたモノを種類別に分類して、
大事にしてくれそうな方に分けて下さい。こんな物達が一人に集中するのは、荷が重すぎる

え?遺言?とかそんな事はともかく、なんとか今日中に仮でも片付けしよう…

クリスマスに出撃する物欲

一年のうちでも、恐ろしい季節が近づいてまいりました。



…クリスマスが。

あの、別に、
恋愛してないと不安、とかいう、
実はきっと誰も、なぜ不安だかわからないんじゃないか?と思う
「世の中のよくわからん大前提」を、突きつけられる季節が
うぜ!
とか、そ―いうんじゃなくて、

私にとっては、クリスマスの時期が、
一年で一番キラキラしたものが売り出される季節だからです。
ツリーのオーナメントや、雑貨に、
星や雪の結晶を模ったモノが増えてくるからです。
で、
そんなキラキラしたものを求めて、
私の物欲戦隊が出撃し始める時期だからです。

私の物欲神は荒ぶる神なので、
自分でも恐ろしい…!(震えながら)




この時期の私は、物欲神に突き動かされて
東急ハンズ、ロフトのクリスマス特設コーナーは当然として
大きい百貨店の雑貨屋を上から下までめぐって
雑貨屋だけじゃなくて、花屋さんでもオーナメントを扱ってるのでチェックして、
大須の巴屋商店さんのような造花屋さんも行ってとか。
しかしこんなん全部行ってたら、おぜにがエライ事になるので
最近は全体的に薄い目で通す事にしております。
それでも毎年毎年、万単位でオーナメントを買う事になるのが
…ほんとに怖い。


でも、値段の高いモノを買ってる訳じゃなくて、
私の中で、
高いモノが美しいのは当然で
そういうのは当然すぎてつまらないので
うつくしさと値段が釣り合わないものを探してるんですけどね―。
つまり安物買いですよ


で、もう物欲神がタイコを叩き始めました。
2007年度初、クリスマス関係のモノ
01_20071129031643.jpg
鹿。
値段もお手頃1260円。レジン製。
首のリースは外さなきゃな―。

鹿にアイデアを得たデザインは、ここ最近ず―っとみてる気がします。
雑貨に限らず美術の世界でも。
スピリチュアルなモノを感じさせる所がいいのかな―。

いずれ鹿の角は「手に入れなければいけない」と、
私の中の物欲神が言っておられるので、多分買うと思います。

まだひとつの百貨店しか行ってないのですが、
今年はフェルト生地など、あたたかみを感じる素材でつくられた
オーナメントが目を引きました。

こんな感じの
http://www.sempre.jp/item/662147/

去年は、シャンデリア流行も受けてか、
キラキラ光るクリスタルのモノが多くて
こんないい時期は無いyo!ってウッキウキしてたんですけどね―。
でもフェルト素材でも、雪の結晶の形をされてたら、欲しくなってしまうよなぁ。うーん。





| HOME |