S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
02« 2012/03 »04

書いている人

adachiayame

Author:adachiayame
安達加工所の中の人
安達黒白の日記。
お知らせと更新履歴中心です。
それ以外の煩悩的なモノは↓

twitter】 へどうぞ。

つぶやき(twitter)

月別

検索フォーム

オリジナルテキスタイル[虫]、画像をUPしました。

先日の3月25日、乙女服ブランド「ペイ*デ*フェ」様の
コレクション・ショー[虫]が開催されました。

安達加工所は今回発表された、オリジナルテキスタイル[虫]を
ペイデフェ様と共にデザインさせていただきました。

ショーが終わったので、写真を解禁いたしますね。

コレクションの写真(一部)です。

pdf_insects_02.jpg

pdf_insects_01.jpg

pdf_insects_03.jpg

まぼろしの虫達がプリントされた、ロマンティックな洋服たち。
まるで蝉の羽の様な軽やかな素材で、モデルの女の子達が歩くたびに、
裾や袖がひらひらと舞っていました。

他にもクラシックなデザインのワンピース、コルセット、バック、
また、虫がワンポイントでプリントされたTシャツも発表されました。

3/26現在、中野ブロードウェイ4階にある「ペイ*デ*フェ」店頭での販売のみだそうですが、
随時通販にも対応していくとのことです。
詳しくは「ペイ*デ*フェ」様のサイトでご確認下さい。




こちらが私が仕上げたデザインです。

pdf_insects.jpg
*生地へのプリントをする際、各所調整をしているので、
 実際のプリントとは色味等、違う場合があります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製作の裏話的な事など。

ペイ*デ*フェデザイナー、りむさんから、
「虫がテーマ。標本の様に並び、アンティークな仕上がりで、」
と要望があり、制作を始めました。

いただいた虫の素材の中に、女性に好かれがちな
いわゆる「美しい蝶」が1つも入っておらず・・・。
なるほどー、と、ものすごく納得したのを覚えています。

美しいだけでは、満足出来ない人なのだろうと思いました。

その上で、色味は上品に、しかしよく見ると、
騙し絵的になまなましいモチーフを仕込む、
で、標本のイメージだけど、ただ虫を並べるのも面白く無いから
モノグラムぽい方にスライドさせて~など
自分の進む方向を決め、作業をはじめました。

pdf_insects_001.gif
この虫には女性の横顔。色的に、「人魚」と心の中で勝手に読んでいます

pdf_insects_002.jpg
蛾の柄には、確かドクロに見えるモノがあったよなーと思い、
そのイメージから体と羽に髑髏と指の骨。

pdf_insects_003.jpg
これはおそらく実際のプリントではわかりにくくなってるかもしれない。
曲芸師の女人がいます。

pdf_insects_004.jpg
芋虫と卵は、形が円なのでモノグラムぽくなるよなーと思い、
自分の素材から投入。入れた事で方向性が定まりました。


他の虫にも、いろいろなモチーフが隠れております。
ぜひ実際に服をご覧になって探してみてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、まぁ、さらっと書いて見た訳ですが・・・

騙し絵の様な仕掛け、色味等おおまかな所まではすんなり行ったのですが、
いわゆるブラッシュアップ的な・・・完成までの詰めていく最終作業で、
りむさんの欲しいものに、私のチャンネルがなかなか合わず、
少し時間がかかりましたね・・・

私「どうだ!」
りむたん「ここをもうちょっと!」
私「これなら!」
りむたん「あと少しです!」
私「ええい!」
りむたん「あやめさんなら出来ます!もう少しです!」

の、様な、まるで、テニスのラリー的データのやりとりがありました・・・
(わたし自身は結構楽しかったけどりむたん的にはどうだったんだろ)

服のプリントデザインは、二次元のデザインとは
出来上がり予想の感覚がやはり違いますね。
人が着て、動く、という事はこんなに違うのかー。と。
ショーで完成された服を見て、実感しました。勉強になった。

しかし今回のプリントは、上品に仕上がった事が本当に嬉しい!
(りむさんの服のデザインセンスが大きい事はもちろんです)

私は自分個人で作るモノも、
モチーフがおどろおどろしかったり、「清濁」の「濁」であっても、
最終的には上品な仕上がりになるよう目指しているので。

ショーの本編もとてもステキで、楽しい仕事をさせていただきました。
お疲れさまでしたー!
日記が長くなったので、ショーの感想は 次の日記 で。


安達加工所web の玄関は コチラ


ペイ*デ*フェのショーに行ってきました

引き続いてペイデフェ・コレクション・ショー[虫]の感想を。


■ショーで発表された、オリジナルテキスタイルの画像は コチラ


この日の私は、赤いベレー帽にギンガムチェックのコートで、
岡崎京子の漫画に出てきそうな服!を着たつもりだったのですが、

CAZ0LO0E.jpg

なぜか藤子不二雄キャラの方になった気がしますね…



会場の渋谷TRUMP ROOMがシャレオツ!ステキ!
開場と共に、シャレオツな会場がどんどんお客様で埋まっていく!
わたし、今日インクのついたジーンズはいて着ちゃったよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショーの開始は、アルバムのジャケットデザインもさせていただいている
黒色すみれ」さっちゃんのユニット、「赤い薔薇と青い月」の演奏から静かに始まりました。
盛況ゆえ、音だけ楽しみました…。

ショーは、なんというか・・・私が抱いていた、ペイデフェのポップな印象を
良い意味で裏切る内容でした。
羽化したばかりの蝉の、白い、はかなげな体を思い出させる繊細さと
これからその蝉が飛び立とうとする、生命力に溢れたショーでした。

モデルさんが着る事によって、自分の作っていたデザインのイメージが
変容していました。
薄い羽のように軽やかで、ひらひらと舞うロマンチックな洋服達。

個人的には初めのワンピース+クラッチバックが
シンプルな形、そしてモデルさんの不思議な雰囲気と相まって、
一番印象的でした。

演出的には「攻め」の意欲を、そこらかしこから強く受けました・・・。

構成も、ショー部分と、ダンスのメリハリが効き、飽きず見る事ができました。
音の緊張感がとても良かった。
所々で、夏の白昼夢の様な昼下がりを思い出しました。

また、冬を迎えた死にかけの羽虫の様に、朽ちてぼろぼろになった
ペイデフェの洋服を身に纏い踊る舞踏を見て、
ペイデフェは美しく身を装う洋服を作っている、お客さんは見に来ているのに、
それをボロボロにするとは・・・!と驚きました。
りむさんは、自分の作る洋服をショーの一部として
客観的に見ているのだなぁ、と思いました。

場所的に、照明を吊る箇所に限りがあるだろーなーと思いましたが、
場面によってピンスポのゼラ色を何度も変え、
生明りと色の入った照明で会場のイメージを変化させていました。
その手間に、おお大変そうだ!と、なんだか嬉しくなりました。
お客様でぎゅうぎゅうの会場でものともせず踊るポールダンサーの女性にも
ぐっときました。

この企画に多少なりとも関われ、本当に良かったなぁと思いました。
切っ先に乗って、自分の力を試している人の手伝いは、本当に楽しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ショーの写真も撮ったのですが、ここでは載せないでおきますね。
私の写真の腕では、実際のよさを伝えきれないと思うので!

当日、安達加工所は物販もさせていただきました。
お買い上げくださった皆様、御覧頂いたみなさま、ありがとうございました!

FxCam_1332664875934.jpg

ショー終了後にペイデフェデザイナー、りむたんと。
自分の顔がひっどい事になってたので、モザイクで自粛します…
この日お会いした方の記憶から、自分の顔を消し去りたい!!


お暇な方は、朝から東京のあっついお風呂に入ったとか、どうでもいかんじの
安達加工所当日の動向 もどうぞ



安達加工所web の玄関は コチラ




突然のお知らせですが

【お知らせ】
明日3/25(日)、乙女服ブランド「ペイ*デ*フェ」コレクションショー
[虫]の会場にて
安達加工所の商品もひっそり置いて頂ける事になりました。
ご来場の方はちらりと見て下さると嬉しいです(買ってくれたらもっと嬉しい!)

安達加工所は、今回のオリジナルテキスタイルのプリントを製作しております。

場所・時間・チケットなど詳しくは 

http://ameblo.jp/pays-des-fees/entry-11200050567.html 


突然のお知らせですみませぬー。
明日は私もコレクション会場に行く予定ですー。
いつも予定をぎうぎうに詰め込んでトーキョーへ行くのですが、
今回は詰め込んでいないので、そんなにバタバタしない・・・はず。


では、明日!

| HOME |